ママイベント!Nakocco Plus+「おひるねアート体験会(予約制)」

床にセットした背景に、赤ちゃんを寝かせてママが撮影するおひるねアートです♪
今回は七夕のアートです☆
(アートは当日一部変更になる場合がございます。)
IMG_0784.jpg 
【日時】2018年7月4日(水) 10:00~11:50
【場所】南流山センター 2階和室
【参加費】¥1,000/ 1アート
【持ち物】カメラやスマホなど 

・撮影はママ自身にしていただきます。
・体験会の為、撮影のお時間は1組3~5分ほどになります。
・衣装はつきませんので、是非いまお気に入りの1着でおこしいただき記念に残してください♪
・30分ごとにご予約の上、いらした順にお撮りいただきます。
・お友達同士の場合、お手数ですがそれぞれお申し込みをお願い致します。
・月齢は問いません。

お申込みは下記フォームよりお待ちしております(^^)

5/28【活動報告】おひるねアート(Nakocco Plus+)

なこっこスタッフおだです。
すっかり初夏の陽気の中、なこっこプラスのおひるねアート体験会を実施致しました。
timeline_20180529_181447.jpg timeline_20180529_182026.jpg

2ヶ月のちいさな可愛い赤ちゃんから、
寝返りが上手な赤ちゃんも♪
ご近所の方が多く、自然と会話が弾む中撮影スタート!!

皆さん初体験でしたが、スムーズな撮影に、ニコニコ笑顔で撮れる赤ちゃんも♪
撮影後半に泣いてしまう場面もありましたが、普段あまり撮らない泣き顔も可愛く残していただけて嬉しかったです。

最後にまだお時間がありましたので、
いらしたメンバーでパチリ♪
ちょうどピクニックのアートで、皆んなで遊んでるみたいでした(*^^*)

リクエストも頂戴し、また近々開催したいと考えております。

ご参加くださった皆様ありがとうございました♪

【報告】5/14 なこっこポコ

0001.jpg


2か月に1度開催している、発達が不安なお子さんのための親子サロン「なこっこポコ」のご報告です。

今回は初めての方が4名と、リピーターの方1名にご参加いただきました。

既にお子さんが療育に通っている方は大人のみで、お子様連れが一組。1歳2か月のお子さん連れの方は健診は一才半健診ももちろんまだですが、少し発達が遅いのではないかと気になり、児童館や支援センターにもなかなか行き辛いとのこと。ポコは、そのような悩みを持つ方もひだまりルームで安心して遊ぶことができます。今回は児童発達支援の現場にお勤めのIさんがボランティアで来てくださっていたので、ご参加のお子さんと一緒に遊んでくれました。それから、「発達支援にも通っているのだけれど、見た感じでは遊んでばかりいて、あまり特別な指導をしているように思えない」と感じていらっしゃるママもいらっしゃいました。ボランティアさんの中にも、療育には通ったら子供がすぐに変わるような劇的なプログラムかあると思っていたとのこと。でもそういうわけでもないようです。

「こどもはあそんで育つ」「見守る」「様子を見る(観察する)」「待つ」こと。

多分、それは一人ではわかりにくいことかもしれません。
「様子を見ましょう」と言われて不安という方は多いですが、自分がどれだけ様子を見て観察できているか、「あれ?」とひっかかる様子は、どんな時に、どんな場所で、どんな状況で、と把握できれば、不安を対話、相談にすすめられます。それには、記録、メモ、大事になってきます。

別のグループでは、就学時のことなどについて話していたそうで、ボランティアさんからは、将来、必要となる障害年金について、生育歴を書くのが一番大変なので、今まで受けた検査や病院の診断書等支援に関する事は、サポートファイル等(流山市のサポートファイルはこちらでダウンロードできます)でまとめて取っておくべきというお話があったようです。柏特別支援学校のように、学校では色々と情報が入ってきますが、市立小学校の支援級では障害年金や就学、性のお話など親が必要な情報を得られる機会がほとんどないとのことでした。ひとつ課題が浮かび上がってきたように思います。


CASE Japanの吉田理事長からは…サポートファイルの前段階で子どもの様子や気になるところをメモしておくと良いです。また、障害受容はそれぞれ違い、前後のサポートはもちろん信頼関係がないところでは受け入れがたいでしょう。早くに分かる場合と就学後に分かる場合では親の向き合い方も大きな違いがあります。ポコでは親同士の情報交換で得た内容を利用するかたちになると良いなと思ってます。とのことでした。


さて、次回は7/2(月)中央公民館ひだまりルーム 10時~です。

ご予約・お問合せお待ちしております。^^


【報告】5/20 帝王切開カフェ

20171128174257279.jpg

久しぶりにカイザーマミーさん主催で、なこっこ協力の「帝王切開cafe」を開催しました。

今、話題のごっつん防止のハチさんを付けてる子がいました!可愛い~♥

以下、代表宮尾さんからのご報告です!

〇第8回 2018年5月20日(日) ご協力:なこっこ田中さん、初回ご参加の2名、スタッフ3名

お子さんの体調不良で1名がキャンセル。新しく2名の参加者とスタッフ4名で、開催しました。参加できなかった方、次回のご参加をお待ちしています。

帝王切開カフェの目的は①帝王切開の体験談を語ることにより精神的なダメージを軽くする、②帝王切開に関する情報収集、そして③初めて会う人に自分の体験談を話すことにより「周りの人から助けてもらう」という成功体験をつむことだと思います。

初参加のAさんは②帝王切開に関する情報収集が一番の目的で参加しました。Aさんはラッキーなことに、周りに7人(実母、義母、義姉、友人)も帝王切開の経験者がいて、心ない言葉をかけられて嫌な思いをしたことがないとのこと。周りの人たちは幸いにも、帝王切開に理解のある人たちです。帝王切開カフェの参加者には珍しいケースですが、精神的なダメージがあまりなく、帝王切開という事実を既に受け入れられている印象を受けました。1人目を地方で出産し、2人目をそろそろ・・・と考えた時、いま住んでいる流山近辺で帝王切開をするならどこがいいのだろうか?と、情報収集のために参加しました。2人目の妊娠について夫と話し合った時も、夫が「リスクをとってまで自然分娩で産む必要があるのか」と問いかけてくれたそうです。周囲の人からの声かけが良ければ、Aさんのように心の持ちようが変わるのですね。今はまだ、Aさんがラッキーだと言ってしまう環境ではありますが、ラッキーではなくて、普通だと言えるようになってほしいと思います。

 一方、初参加のBさんは、①の目的で参加しました。帝王切開カフェの参加者は①の目的で参加する人が多いです。Bさんは今でも心に引っかかることを話しながら涙が出てきて、帝王切開をして嬉しかったことは無いと言いました。大丈夫です。スタッフも全員、体験談を話しながら泣きましたから。帝王切開カフェを開きたいと申し出た3年前の私も、Bさんと同じ心境でした。8回目の帝王切開カフェを開いてみて、Bさんのような方には、③の「初めて会う人に自分の体験談を話して、周りの人から助けてもらうという成功体験」をつむ場にしてほしいと思っています。

 出産が自分の思うようにいかず、自然分娩ができなくて女性としての自信を失ってしまう。そのマイナス感情から、育児に悪い影響を及ぼすことのないよう、帝王切開カフェで体験談を話して少しでも心が軽くなってもらえたらいいなという思いで、スタッフは帝王切開カフェを続けています。帝王切開での出産だけでなく、子育てに失敗や思い通りにいかないことは付きものです。自分が辛かったことを周りの人に話して、周りの人から救われることは育児を通してもよくあります。自分から心を開いて体験談を話せば、実は話し相手も体験者だったりして、お互いに気持ちが軽くなったということもあります。帝王切開での出産をすぐには受け入れられないだろうと思いますが、例えが適切かどうかは分かりませんが失恋した時のように、少しずつ時間をかけて心の傷を癒していけばいいのではないでしょうか。時間をかけたぶん、その後はさらに強くなって成長できている自分が待っています。

私たちスタッフも、帝王切開カフェ4回目くらいまでは体験談を話しながら悶々として気持ちがスッキリとはまだ晴れませんでしたが、5回目くらいからはマイナス感情も吹っ切れて、笑いにだいぶ変えられるようになってきました。また半年後くらいに開催できればいいなと思っています。

Miyao

5/28 ママイベント!Nakocco Plus+「おひるねアート体験会(予約制)」


ママイベント!Nakocco Plus+「おひるねアート体験会(予約制)」
床にセットした背景に、赤ちゃんを寝かせてママが撮影するおひるねアートです♪
(アートは当日一部変更になる場合がございます。)
【日時】2018年 5/28(月) 10:00~12:00
【場所】南流山福祉会館 1階大広間
【参加費】¥1,000/ 1アート(テーマ:ピクニック)
【持ち物】カメラやスマホなど
・撮影はママ自身にしていただきます。
・体験会の為、撮影のお時間は1組3~5分ほどになります。
・衣装はつきませんので、是非お気に入りのお洋服を記念に残してください♪
・30分ごとに撮影時間を分けさせていただきます。第2希望まで選択をお願い致します。
・お友達同士の場合、お手数ですが、それぞれお申し込みいただき、備考欄にお友達のお名前記入をお願い致します。
同じくらいの赤ちゃんが同じ枠になる様調整させていただく場合がございます。
☆お申込みは下記フォームより、前日まで受付致します♪

プロフィール

nakocco

Author:nakocco
Nakocco Blog へようこそ!

千葉県流山市を拠点に活動する特定非営利活動法人「ながれやま子育てコミュニティ Nakocco(旧.withママ流山)」の公式ブログです。

2007年に“withママ流山”として発足。以来、任意団体として「流山の子育てを共に楽しむ・考える・助け合う」ことを目標に活動してきました。

今までの活動に責任を持ち、より多くの市民の皆様、企業、及び行政と更なる連携を図り、事業の拡大を試みるため、2011年11月に団体をNPO法人化しました!これからもどうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
イベントカレンダー
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム