【報告】7/3なこっこポコ

 


事務局の田中です。

2ヵ月に1度開催のなこっこポコは、発達に遅れのある子の親子ひろばです。

「発達に遅れがある」と一言でいいましても、様々なお子さんがいらっしゃいます。

例えば、赤ちゃんからいらっしゃる方はダウン症のお子さんが多いです。また医療的ケアが必要なお子さんもいらっしゃいます。発達障害や、知的障害、自閉症スペクトラム等に関しては、未診断の方、1歳半検診や3歳児検診で様子見と言われたお子さんもいらっしゃいますし、幼稚園や保育園、児童発達支援センターに既に通っているお子さんは、保護者の方のみでご相談にみえる方もいらっしゃいます。


ポコの趣旨としては、「親子ひろば」ですので、例えば子育て支援センターや、児童館でうまく遊べないと感じていたりするお子さんも、なかなかそういった場所に足が向かない親御さんも、安心して遊んでもらいたい。そして、今不安に思っていることを話し、悩んでいるのは一人ではないと感じてもらうこと、必要な情報を得て先を見通せることで少しでも親の心が軽くなり、育児に前向きになってもらいたいと願っています。


今回は新しく当事者ボランティアの方が2名増えました。^^

お子さんが小さい時はずっと一人で悩んでいたそうで、もっと前にこういった場があれば私も参加したかった!と言っていただきました。


さて、前置きが長くなりましたが、今回は3組のご参加でした。


就学前(小学校)のご相談では、支援級と普通級との違いをCASE Japanの吉田さんに主にお話ししてもらいました。

ご存じない方も多いと思いますが、どの学級に行くのかは親が決められます。

流山市内では5つの障害別支援級(知的・ことば・情緒・LD&AD/HD、難聴)があります。

LD=学習障害 AD/HD(注意欠如・多動性障害)

入学後に変えることもできるそうです。


お子さんへの気持ちや対応には、ペアレントトレーニングを受ける施設があるとボランティアさんから情報がありました。※ペアレントトレーニングとは


次回は9/14です!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nakocco

Author:nakocco
Nakocco Blog へようこそ!

千葉県流山市を拠点に活動する特定非営利活動法人「ながれやま子育てコミュニティ Nakocco(旧.withママ流山)」の公式ブログです。

2007年に“withママ流山”として発足。以来、任意団体として「流山の子育てを共に楽しむ・考える・助け合う」ことを目標に活動してきました。

今までの活動に責任を持ち、より多くの市民の皆様、企業、及び行政と更なる連携を図り、事業の拡大を試みるため、2011年11月に団体をNPO法人化しました!これからもどうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
イベントカレンダー
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム