【報告】10/13 第24回新米ママ講座(1/2)

 

10/13は新米ママ講座でした。
今回も25組の親子に参加していただき、定員いっぱいで講座が開催されました。o(^▽^)o
最近の新米ママ講座は広報ながれやまには案内を出していますが、それ以外はブログのみ。
チラシを置かずともすぐにいっぱいになってしまいます。とてもニーズの高い講座なのです。

今は核家族が普通なので、妊娠中にママ友が出来なかった人は一人孤独に子育てに奮闘している人も多いです。
子育て情報は氾濫しているし、何を信じていいやらわからない。
ちょっと考えればわかることなのに、必死になっていると何が正しいのかわからなくなる。寝不足になると判断力も鈍ります。
母乳をインターネットで売っていて購入する母親がいるという話しは記憶に新しいですね。
一人目の子育てってわからないことだらけで本当に大変です。

そんな時に必要なのが、同じく子育てに奮闘しているママ友です。
悩んでいるのは自分だけではない、そうわかるだけでどれほど救われることでしょう。
付箋のワークも毎回たくさん出ます。

・赤ちゃんのこと
・ママのこと
・保育園のこと
・夫や姑との関係

夫の役割は妻の話を聞いてあげることにつきると思います。無理に出来ない料理を作る必要もありません。
夫は妻の話を聞いて何か相談されているのかと思う傾向にあるそうですが、そうではなくてただ話を聞いて欲しいだけの
ことがほとんどだったりします。子育てってこんなに大変なのに、誰にも認めてもらえない。

「そうなんだね、大変だね、いつもありがとう」

夫にこう言ってもらえるだけで実は結構嬉しかったりする。(あ、毎回同じだと腹が立つかも 笑)

それから、義両親との関係に悩んでいる人もいます。
義両親も最初の頃実は距離感がつかめてなかったりするので、孫は可愛くて毎日でも見たいけどどこまで関わっていいのか
わからない。遠慮しているつもりでも、嫁は負担だったりもするんですよね。それも他人の家族の話を聞いたり、話したりすることで自分の中で気持ちの折り合いをつけることもできるかもしれませんね。

それからなこっこの新米ママ講座の特徴と言えば、特注の新米ママ弁当を食べるランチタイム!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
新米ママがやりたいことランキングで3位以内に入るのが、「ゆっくりご飯が食べたい!」なんです。
昼寝の間に食べようかなと思ったら、赤ちゃんが起きて泣いてしまう。温かいご飯が冷めてしまうこともしばしば。
新米ママ講座のランチは、住所が近いママさん同士グループになっておしゃべりしながら食べます。
その間赤ちゃんは抱っこボランティアがお相手させていただいております。

この新米ママ講座は講師以外のスタッフは全てボランティアです。(※よく質問を受けますが「新米ママ講座」は流山市の事業ではなく、民間の助成金や個人の寄付で賄っております)
みなさん、この講座の趣旨に賛同してくださりお手伝いいただいております。
地域のママさんが安心して楽しく子育てができますように!

次回の離乳食講座は11月10日です。またお会いしましょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日はありがとうございました!

助産師さんもスタッフのみなさんもとても話しやすく、ほっと一息つける時間となりました!
質問の答えも頂けるとのことでしたので心待ちにしております(*´-`)★
もう少し月齢が進んでからも助産師さんとお話し出来る機会があると嬉しいです!
ありがとうございました♪

ままさん
コメントありがとうございます。
質問は助産師さんのHPで少しづつお答えするということでしたかね?
助産師さんとお話しする機会、そうですね、お産カフェには毎月小林さんがいらっしゃっているのであまり長くは話せないかもしれませんが、来てくださってもかまいませんよ。
(*^-^*)
プロフィール

nakocco

Author:nakocco
Nakocco Blog へようこそ!

千葉県流山市を拠点に活動する特定非営利活動法人「ながれやま子育てコミュニティ Nakocco(旧.withママ流山)」の公式ブログです。

2007年に“withママ流山”として発足。以来、任意団体として「流山の子育てを共に楽しむ・考える・助け合う」ことを目標に活動してきました。

今までの活動に責任を持ち、より多くの市民の皆様、企業、及び行政と更なる連携を図り、事業の拡大を試みるため、2011年11月に団体をNPO法人化しました!これからもどうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
イベントカレンダー
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム