【報告】2/1 第31期新米ママ講座(1/2助産師編)


降雪が危ぶまれた2/1でしたが、奇跡的に予報がずれて無事に開催できました!

1日ずれていましたら、中止していたのかもしれず本当にありがたかったです。


さて、今回は19組の親子にご参加いただきました。たいていキャンセル待ちになるのですが季節柄でしょうか、少し少な目でしたがそれでも寒さに負けず頑張って赤ちゃん連れてきてくださいました。

抱っこ隊もインフルエンザなどで急に来れなくなった方もいたのですが、急きょ別の方にお願いしたら引き受けてくださった方が何名もいて、本当にありがたかったです。久々に赤ちゃんを抱っこしたり、ミルクをあげたり、抱っこ隊にとっても幸せな時間だったようです。


新米ママさん達は4グループにわかれ、おっぱいやミルクのこと、育児のあれこれをグループトーク。付箋のワークでは、

・第二子妊娠を考えているが、早めに授乳をやめたほうがよいのか。

・おっぱいの途中で集中力がなくなって飲むのをやめてしまう。

・赤ちゃんが皮膚をかいてしまう。

・離乳食の作り方がわからない


などなど、の質問が出ていました。

お弁当は今回写真を取り忘れましたが、今回もキッチン戸辺さんの「まごわやさしい」お弁当でした。自宅が近いグループで食べてもらい、話もはずんでいたようでした。


次は離乳食編3/8です!

スポンサーサイト

【報告】第30回 10/26 11/30新米ママ講座


事務局田中です。

気が付けば!新米ママ講座も30回目を迎えることになっていました!!!

今年は新米ママ講座も10周年という節目になります。

ありがたいことに、受付開始すると1週間程度で満席になります。広報には掲載されますが、チラシはどこにも置いていません。


今回もグループトークを通して、様々なお悩みが出ておりました。

アンケートにも出ておりましたが、

・インターネットや育児書よりも同じく子育てしている人の話を聞いてみたい。

・色々な不安が聞けたり話せたりして、不安が軽減された。

・月齢が近くてもそうじゃなくても、色々な話が聞けてよかった。個別差があって参考になった。

・助産師さんが机をまわってくれてよかった。

・初めてこのようなイベントに参加してママとお話したり、情報交換できました。


悩んでいるのは、自分だけじゃなかった!

そうわかっただけで、どれだけ精神的に楽になることか。


新米ママ講座を通して、少しでもママの育児不安が軽減され、精神的に楽になってくれたらいいな。


また、抱っこのボランティアに関しては、

・抱っこしてくれてとても助かった。

・抱っこしてくれてうれしかった!


との声も。もうこちらとしては、赤ちゃん抱っこしたくて仕方ないですが(笑)

普段は、誰も抱っこしてくれる人がいない人も多いと思います。腱鞘炎になったりする人もいます。

でも、パパや身内以外の人に抱っこしてもらう経験ってママにとっても、赤ちゃんにとってもとても大事だと思います。ああ、他人に任せてもいいんだな。自分だけで頑張らなくてもいい。

抱っこボランティアの存在はそういう意味でもあります。

そして、新米ママの卒業生が何年かして、誰か困っている人がいたら抱っこを申し出る。そんな勇気の種も私たちは蒔いている…。という気持ちでやってます(笑)


新米ママ講座は皆さまに愛され続け10年。

子育て環境も、ライフスタイルも、流山という土地も随分変化しました。

が、「新米ママ講座」は普遍で不変です。

手取り足取り何かをしてあげるわけではありませんが、ここから地域に一歩踏み出してもらえれば。

そんなきっかけになるといいなと思い続けています。


新米ママ講座を支えてくれている、講師の皆さま、スタッフの皆さまにはここまで続けてくださり感謝しかありません。どうか、これからも流山の親子のためにご協力ください。よろしくお願いいたします。


【報告】7/6新米ママ講座(2/2離乳食編)


事務局の田中です。

第29期 夏の新米ママ講座2回目は離乳食講座です。

今回は既に離乳食を始めている方も半分くらいいらっしゃいましたので、具体的な質問も

ありましたね。


まだ始める前の方は、調理器具、アレルギー等の質問。

始めている方は、2回食、3回食へどのタイミングで進めば?

果物はそのままあげてよいのか?

ミルクはどのくらいあげるのか?

メニューはどうすれば?


色々ありますが、基本は大人からのとりわけでOKです。

味を濃くする前に、取り出して離乳食に使う。

夏場ですので、作り置きには十分注意してください。

外へ出かける時は、レトルトを使う方が衛生的だったりします。


栄養士の保田先生には丁寧に質問に答えてくださいました。

頑張りすぎず、頑張ってくださいね~(^^)/



【報告】6/1 第29期新米ママ講座 助産師偏(1/2)


事務局田中です。

新米ママ講座、29年度も始まりました~!回数も29期目、そして、ななななんと新米ママ講座は10年目突入~!!!!! 延べ、700組くらいではないでしょうか。ほぼ、毎回キャンセル待ちになる講座です。今回は、雨予報でしたのでキャンセルがでるかなあと思っていたのですがまったくそういうこともなく、定員オーバーの26組で開催しました。しかも雨が降らなかったという奇跡!赤ちゃん連れで外出するのは、本当に大変なことです。天気は大変重要です。ありがたかったです。


今回も、お悩みがたくさんでましたが

☆おっぱいは毎回いつまで吸わせればよいのか…

☆卒乳はどうすれば?


助産師さんからは、実は栄養価の高い母乳は最後の方に出るという話もある。ただ、片方10分くらいを目安に、両方あげてまだ足りないようであれば、もう一度繰り返す。というようにすればよいですよ。というお話や、

お子さんを保育園に預けて復帰するママさんは、おっぱいは張ってくるが無理に絞らず、タオルで圧抜きをするにとどめる方がベターとのこと。(あまり絞るとまた母乳が体内で作られます)

卒乳に関しては、ここまでにやめなければいけないということではなく、ママがよければいつまででもよい。小学生くらいまでかかる子もいる。親子で話し合って、ここまででやめると決めてもよい。

とのお話でした。


小林助産師さんのHPで、答えられなかった質問のお答えをアップするそうです。小林さんのHPはこちらです。こばやし助産院


育児に正解はないので、色々悩むこともあると思いますが、あまり不確かな情報に左右されず、自分が信頼できるところで取り入れてくださいね。


そして、今回のお弁当もキッチン戸部さんの「新米ママ弁当」です。席替えして、ご近所さんグループでお弁当をいただきました。今回もおいしかったです!ごちそうさまでした。

全員の赤ちゃんは抱っこできませんでしたが、普段ゆっくりごはんが食べられないママに代わり、主に泣いてる赤ちゃんから抱っこボランティアが抱っこさせていただきました。

今回ボランティアさんは、7名でした。みなさん、ありがとうございました!



【報告】3/7新米ママ講座(離乳食編)

 


事務局の田中です。

先週に引き続き、新米ママ講座2回目(離乳食編)が開催されました。

いつものように月齢別にわかれて離乳食ワーク。1グループはすでに離乳食を始めていましたが、他のグループはまだこれからの方ばかりです。


離乳食ってどうやって作るの? 道具は買うの? 赤ちゃんに使う出汁はどんなのがいいの?

ベビーフードは利用しても大丈夫? 冷凍する時はどのくらいまでもつの? 歯みがきは毎回するの? 時間がずれたらどうするの? 新しい食材を与えるタイミングは? アレルギーがあったらどうしよう。 離乳食がすすまない…等々


ミルクやおっぱい以外のものを赤ちゃんに初めて与える時、母が緊張するのは当然です。


でも、今日の講座で気負わなくても大丈夫!ということがわかって、みなさんほっとした表情でした。アンケートでも、


わからなかったことが全て解決した。 栄養士さんに気軽に聞けたのがよかった。 

気が楽になった。等々


ママの調子が悪い時、出かける時はベビーフードを利用しても大丈夫です。

私は普段でも利用してましたが(笑)

皆さん、離乳食頑張りすぎないように、頑張ってくださいねえ~^^





プロフィール

nakocco

Author:nakocco
Nakocco Blog へようこそ!

千葉県流山市を拠点に活動する特定非営利活動法人「ながれやま子育てコミュニティ Nakocco(旧.withママ流山)」の公式ブログです。

2007年に“withママ流山”として発足。以来、任意団体として「流山の子育てを共に楽しむ・考える・助け合う」ことを目標に活動してきました。

今までの活動に責任を持ち、より多くの市民の皆様、企業、及び行政と更なる連携を図り、事業の拡大を試みるため、2011年11月に団体をNPO法人化しました!これからもどうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
イベントカレンダー
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム